15歳と9ヶ月

本日の夕方、母と私が見守る中、静かにレオが逝きました。
15歳と9ヶ月、癌と発覚してから2週間でした。
一昨日から呼吸が徐々に苦しそうになり、昨夜は一晩中ヒャンヒャンとひっきりなしに鳴き続け、今日の夕方までこの状態が続くなら安楽死させてやろうと家族で話し合いました。
夕方、安楽死のお願いをするため病院へ電話を入れた直後、「あれ?なんかおかしい?」と顔を覗き込んだ瞬間、口を大きく開けて呼吸をして、そのままゆっくり何回かパクパクとした後、すーっと動きが止まりました。
ギリギリまで安楽死させることに迷いを持っていた私の気持ちを感じ取ったのか、自力で自然に逝きました。

ごめん、最後まで情けない飼い主で。苦しかったよね。
向こうに行ったら、お前が会ったことがなかったうちのお祖母ちゃんや、私の弟もいる。
先に逝った犬仲間も待ってる。
あっちでいっぱいほねっこが食べられるようにいっぱい箱に詰めよう。ささみジャーキーも入れよう。
ほねっこ大好きだったのにお腹を壊すからって制限したね。
もういいよ、いっぱい食べて。
苦しんだけど、今の顔はとても穏やかで少し安心したよ。
15年と半年、家族を癒し続けてくれてありがとう。
もう少し一緒にいられると思ったんだけど、これがお前の寿命だったんだよね。

10/23撮影。レオの最後の写真になりました。

ブログ仲間の皆様にもいろいろとご心配をおかけしました。
皆様のブログは記事がアップされるたびに読ませていただいてました。
また元気になったら再びお邪魔させていただきます。

15歳と9ヶ月” への18件のフィードバック

  1. :晴: 冷奴さん、こんにちは。

    ありがとうございます。
    本当によく頑張ったと思います。
    最近になって痴呆のような症状も出て来ていたので、そろそろかなぁと家族で話して覚悟はしていました。
    犬は長く人間のパートナーとして生きてきたのに、なんで寿命がこんなにも短いんでしょうねぇ。

    今はきっと先に逝った仲間達と一緒に、広い草原を駆け回ったり存分にニオイを嗅いで楽しんでると思います。

  2. レオ君、お疲れ様でした。
    ゆっくり休んでください。
    そしてまた生まれ変わってきてくださいね。

    とっても頑張ったからもういいんですよね。
    いつか、必ずやってくるお別れ。
    わかっていても、辛いですね。

    お悔やみ申し上げます。

  3. :月: しんちゃん、こんばんは。

    ありがとうございます。
    幸せだったかな、そうだと嬉しいな。

    人間って生物の中で本当に長生きの部類で、置いて行かれるばかりだねぇ。
    それでもお迎えしてしまうのは、その生き物と共に生きる時間の素晴らしさを知ってるからだね。
    そんな素晴らしいと思える時間を、しんちゃんの先代ワンちゃんやレオがくれたんだと思う。本当、その時間こそが宝物だよね。

    今は思い出すたびボロボロ泣いてしまうけど、ゆっくり頑張るよ :GJ:
    麻呂の手術もあるしね…あ~これも大変だ :(=_=):

  4. ご冥福お祈りいたします。
    15年…幸せだっだと信じましょう。

    自分も17歳の時に同じ思いしてます。なので気持ちは痛いほど理解できますよ。そして…今いるミント君もいつかはそうなるのは生物の宿命っす。
    うちにお迎えした時点でそこは覚悟してお迎えしました。

    たくさんの楽しいこととうれしいことを与えてくれたことを忘れないで、またゆっくりと歩き出そうね :Heart4:

  5. :月: とこちゃんのママさん、こんばんは。

    励ましのメール、本当にありがとうございました。
    16年近く、私たちと一緒にいてくれて本当に感謝しています。
    本当にいろんなことがありました。
    中でもウンチシッコのトラブルだけはもう一生忘れられない伝説のようなものです。
    大変なことも多かったですが、楽しかったこともいっぱいです。

    「いつまでも泣かないで」自分がレオの立場なら気になって仕方ないはずです。
    早く元気にならないといけませんね :(^-^;):

  6. :月: お世話係さん、こんばんは。

    ありがとうございます。
    もっといい家に生まれてくるかも知れません(笑)
    今度はお腹が丈夫で図太くて、ちょっとやそっとではへこたれない、頑丈な身体と精神を持って生まれてきて欲しいです。

    また私のところへ戻ってきてくれたら最高ですけど…イヤかなぁ :(^-^;):

  7. :月: ムーぴいさん、こんばんは。

    ありがとうございます。
    動物を飼っていればいつかは必ず悲しいお別れがくるんですよね。
    小さなインコでさえ死んだらあんなに悲しいのに、こんな大きな生き物が死んだらどうなるのかとずっと怖かったです。
    しかしどんなに辛いお別れが待っていようと、共有できる時間の素晴らしいことを思えば、きっと私はまた手を広げて彼らを迎えるでしょう。
    そんな出会いであったことに感謝したいです。

    この服がレオに買った最後の服になりました。
    もう少し長く着て欲しかったけれど… :(^-^;):
    麻呂がこの服着ても違和感ないくらい大きくなっても困るし…うーん :汗:

  8. :月: おっさんさん、こんばんは。

    ありがとうございます。
    きっと最高の笑顔とお尻まで振っちゃうような、大振りの尻尾振りをして挨拶してくれてると思います。

    いつか虹の橋で笑顔で会えるように、飼い主も頑張って生きていきたいと思います :(^-^;):

  9. :月: ルンルンさん、こんばんは。

    ありがとうございます。
    安楽死させることに躊躇してたんですが、それを見透かしたように自然に逝きました。
    最後まで私たちに気を遣ったんだなぁと、逆にレオから私たちへの愛情を感じました。最後のお返しだったのかな。いや無償の愛情ですよね。
    そんな愛情にどれだけ応えてあげられたのかなぁ。

    麻呂もクウちゃんも元気です。(これから麻呂が大変ですが…)
    ホント、この子達がいなければきっと家の中が真っ暗なはずです :(^-^;):
    いてくれてありがとう。みんな長生きしようね。

  10. :月: day-sukeさん、こんばんは。

    ありがとうございます。
    そうですね、この世には何かをするために生まれてくるんですよね。
    レオはそれを終えてようやく楽になった。
    きっと懐かしい仲間と共に、軽やかに広い草原を走り回ってると思います。

    こういう報告をどうしたものかとずいぶん考えました。読む人にまで辛い思いをさせてしまうので…。
    今は寂しい気持ちでいっぱいですが、いつまでも悲しんでいてはいけないし、精一杯生きたことを最大に褒めてあげたいです。

    さて、あとはどうしようもない飼い主が人間としてまともに生きていくことが課題ですね。早く働かねば… :冷や汗:

  11. :月: k.sさん、こんばんは。

    ありがとうございます。
    昔から、どんな風にこの子とはお別れをするのだろうと思ってきました。
    15年間、いろんな意味で手を焼いて本当に大変なワンコでしたが、最後はそんなに時間も掛けず、あっさりと旅立って行きました。
    家族全員、最後までしっかり看病もできたし後悔はないですが、寂しさだけは時間をかけないとどうにもならないですね…。
    しかし私たちの悲しんでる姿を見れば、レオも辛いですよね。笑顔で手を振らなければ。

    さて今度は麻呂の足です。
    なんとか正常にしてやらなければ、この子の犬生はこれからですし :(^-^;):

  12. レオ君

    15年と9ヶ月、Canonファミリーと一緒に暮らせて良かったね! 楽しい思い出いっぱいだね。 今、Canonさんが、とっても悲しい思いをしているから、天国の上から応援して、ずーっと見守ってあげてね。

  13. レオ爺ちゃん 次に生まれてくる時もまた、
    Canonさん家族のような 優しい人の所で
    大切にされて 可愛がってもらうんだよ。

  14. レオさん、よく頑張ったね
    Canonさんも、お母さんも。。。
    いつかお別れが来るって分かっているんだけど
    すごくつらいですよね。
    でもでも、今、お空へ行って息も苦しくなくって
    ほねっこも食べ放題で、、、
    みんなのこと見ててくれていますね。
    レオさんの写真、青いお洋服がお似合いでカッコいい。

  15. お久しぶりです。
    レオ君、逝ってしまったのですね…。
    なんだかまだ信じられないです。

    でも、最期までCanonさんやお母様がそばに付いていてくれたので、レオ君も皆の愛情を感じていたと思います。

    淋しくなっちゃいますね。

    麻呂君、クウちゃん、Canonさんを癒してあげてね~ :クローバー:

  16. レオ君へ
    15年9ヶ月。長い間お疲れ様でした。
    現世には、修業のために来ているそうです。
    なので、修業の終わったレオ君は、なんの苦もなく
    楽しく暮らせるようになりますね。

    Canonさんへ
    辛い報告だったと思いますが、お知らせ頂き有難うございます。
    悲しみは時間に癒して貰うしかないと思います。
    いつか悲しみが癒えたら、またお越しください。
    本当に、ご愁傷さまでした。

  17. 今晩は
    レオ君とうとう逝きましたか、悲しいですが
    天寿を全うしたのでしょうね
    Canonさんと、ご家族が一番悲しいと思います
    なんと書いて良いかも解りません

    レオ君お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です