オカメインコセキセイインコ

笑っちゃいけないけど

私は長年、セキセイインコと暮らしてきました。
故に、セキセイインコのせわしない動作や器用さが当たり前のように思えるもので、ティラちゃんの行動一つ一つに

ぷっ猫2

と吹き出してしまいます。
例えば止まり木の上段で寛いでて、外に出してもらおうと下段へ降りてくるのに、セキセイインコのようなパッとした動きはありません。
ヨチヨチヨチっと側面の網を渡って降りてきますが、それも足場の取り方が今ひとつでよろろろろっとなります。
「出してexclamation 」と思って「待ってexclamation 今そこに行くからexclamation 」と焦ってる間に人間がどっか行ってて「あれー?たらーっ (汗) 」とか。
止まり木で回転しようとして自分の足踏んで落ちかけて、慌てて飛び上がってホバリングしたり。(でかいケージで良かったw)
ただお水が飲みたかっただけなのに変な移動の仕方をして片足をジャボッと水に浸けて大慌てするし、「大きな餌取ったどーexclamation 」と喜んだ瞬間にポトッと落としてガッカリげっそり (顔) してるし。

オカメって…wうれしい顔

セキセイインコの俊敏な動きとは全く違いますね。
テンションがすべて違う。全く違う生き物なんだなぁと改めて思います。
クウちゃんとリンちゃんは、あのテンちゃんに比べりゃ遙かに大人しくておっとりしてるんですが、それでもやっぱりオカメより俊敏です。

さて我が家に来て2日ですが、だいぶ慣れてきたようです。
日中のほとんどを扉前で過ごし、人間がどこかへ行くと呼び鳴きしたり、セキセイインコと一緒に歌を歌ったり楽しそうです。
おもしろいのがゴハン。
朝、あんまり食べてないようなので手に乗せて餌入れを目の前に「まんまー、ごはんー、おいしーよー」と声をかけながら、指でサクサク餌を突いてると、それに付き合って餌を啄んでくれました。食べると「えらいねー、良い子ねー、おいしーねー」と褒めると、なんとケージにいても「まんまー、ごはんー」と声をかけるだけで、いそいそと餌入れまで移動し、プチプチ食べてくれるんです。
最初は偶然かと思ってましたが、その後何度やっても食べるのでびっくり冷や汗2 (顔)
「ごはんー」→食べる→「良い子ねー」→褒められる という図式っぽいですね。賢いですわ。

まぁ褒められんでも進んで食べてくれるように頼みます…たらーっ (汗)
でもなんか寝る前、ガッサガサ餌入れかき回してたけどw
テンちゃんが中雛の時に、ゴハンも食べずに遊び狂い、どうやって食べさせようかと日々苦労したことを思い出します。
餌入れが3つになってます。どの位置にいても目に入るようにデスw
放鳥中は基本ベッタリです。ちょっと離れて遊んでても不安になるような距離が開くと遊びをやめて私の方に寄ってきます。
指はまだちょっと怖いけれど、カキカキはずいぶんさせてくれるようになりました。
甘えてる声って小さな声で「ピ~ヨハートたち (複数ハート) 」なんですね。雛鳴きみたい。

まぁ後は爪かな…オカメ飼いの皆さん、あの爪に耐えてるんでしょうか?あせあせ (飛び散る汗)
でも爪切ると、ただでさえ不安定な足下がもっと危なくなるのでもうちょっとしっかりしてからにしようと思うのですが、結構キツイですね。
あと足で顔をバババッと掻いてるとき

鼻の穴に爪突っ込んでウリウリやってる冷や汗2 (顔)

つまり鼻をほじってるわけですが、その姿はいろんな意味で衝撃でした。
いやーオカメ、奥が深いわ。楽しいわ~わーい (嬉しい顔)

ところでセキセイペア、最近、どういうわけか2羽で体重増加しております。

リンちゃん37g(ベスト体重は33gですよ!冷や汗2 (顔)

クウちゃん39g(ベスト体重は37gで過去最高は42g冷や汗 (顔)

夏場なのにな~?最近私がブレンドしてる餌をあげてるからかしら…?
一時、同居によるストレスで体重が激減しまして、餌をあんまり食べないものだからあれこれ工夫したんですよね。
今は多少不服そうではありますが納得して同居しているので、餌も順調に消費しています。
それにしてもペアって感じじゃないわ~。どっちかっつーと兄妹なんですよねぇバッド (下向き矢印)
秋に再チャレンジですが、次もダメな気がする。

それより巣箱を外しただけで発情が止まるリンちゃんに感動するわ。お前は繁殖のプロかdouble exclamation

いやーテンちゃんのあの苦労はなんだったのかしらねぇダッシュ (走り出すさま)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です